罠なしの捕獲は実質不可能|ハクビシン駆除はプロの業者に依頼

戸建て

危険な害獣

アライグマ

物を洗うしぐさが可愛く見えるアライグマは現在飼うことができません。その理由は、アライグマの気性が非常に激しいからです。子供の頃は可愛くても、大人になるにつれその気性は荒々しい物へと変わり、飼い主にも容赦なく襲いかかります。そのため、日本では研究以外の目的での飼育が禁じられています。そんなアライグマは農作物に壊滅的な被害を与える害獣としての側面が強いです。それだけではなく、鶏や仔牛にも襲いかかるので牧場にも甚大な被害を与えていき、子犬や子猫も殺傷する危険極まりない動物です。そのため、現在は害獣として捕獲あるいは駆除されています。
しかし、被害にあったとしても駆除には許可が必要なケースが多く、許可がおりるまでは捕獲も行えません。元も、野生のアライグマは非常に素早く、一匹駆除する間に被害が拡大していることが多いため現実的な手段ではありません。そのため、最も手っ取り早いのが駆除業者に依頼することです。駆除業者にかかれば素早く駆除を行ってくれるため、被害を拡大させずに素早く物事を収束させることが可能です。
また、無許可での駆除及び捕獲は禁止されていますが、被害を拡大させないための予防策の設置などは問題なく行えます。電気が流れる策を用意していれば侵入することを防げるかもしれません。しかし、人がうっかり触れないように、きちんと注意書きをしておく必要があります。もし人がうっかり触れた場合、その人の状態によっては死亡するケースも考えられます。